36歳心筋梗塞の記

36歳にして心筋梗塞になってしまった男の顛末記。
もう10年も前の事なので、情報は古いかも知れない。
けれど、これを書いているということは、
10年後も元気に暮らしている…という事です

心筋梗塞の再発か?



アウトかセーフかと聞かれれば、アウトですね。
と医者が言う。
何年ぶりかで受けたエルゴメーターの検査の結果を見ながら、渋い顔をしていたのは
医者だけはなく私もだった。

心筋梗塞を患った方ならご存知かと思うが、エルゴメーターという検査がある。
何を見るのかというと、心臓に負荷を与えてどこまで持つかという検査だ。
具体的には、エアロバイクのようなものをこぎながら、1分ごとに心拍、心電図、血圧を計る。

だいたい12分ぐらいこぎ続けるのだが、私は11分でギブアップした…というより、
ドクターストップがかかったのだ。
診察の後だったが、エルゴメーターの自転車漕ぎは疲れすぎて、
飛び込んだドトールで寝てしまった。
普段運動をしていない上に、ここ2年程マネジメント業務も増えたので
そうとう身体が疲れきっていたことは確かだ。

何年か前も検査結果が悪くて、CTを撮った。
結果それほどでもなく、無罪放免となったのだけど、
今回はちょっと難しいかもしれない。
なぜなら、前回と違うのは自覚症状があるからだ。

ふらつく、ぼおっとする、思考がループする…
およそ心臓と関係なさそうなのだが、これはちょっと予兆のような気がする。

来月CTを撮って再度判断すると言われた。
悪ければ入院加療となる。
仕事の事を考えなければ、ちょっと休憩したい気もする。

とりあえず、それまでは倒れないように注意をしよう。

心筋梗塞は予防できるか? 1



「あんたこのままだと、心筋梗塞になるよ」と心筋梗塞になる前にいわれていたら、 あなたはどうするだろう? きっと何か予防策を講じるだろうとは思う。
けれど、それを信じてその予防策を続けられるだろうか?

人間は悲しいかな、経験していないことを想像するのはあまり得意ではない。
特にそれが、自分にとって不都合なことであるならば、
想像どころか、余計にそこから目を逸らすことが多い。

ある医師が心筋梗塞にかかり、カテーテルを行ない退院した後
「なんと心臓が楽になったことか!」と感想を述べていた。
つまり、以前から血管がつまり気味だったのに心筋梗塞を起こすまで、
「まさか自分が‥」と思っていたのだろう。

医師ですらこうなのだ。
もちろんこの医師が悪いとか、医者の不養生とか非難するつもりは全くない。
私が言いたいのは、誰だってそうなのではないだろうか?

そして、その後も同じだった。
入院以降一応再発防止は意識するのだが、
ふと気がつくと以前とかわらぬ生活になっている。

人間は昨日に対しても、未来に対してもそれほど賢くなれない。
逆に言えばそれを克服できる人が、一歩抜きん出た人物になるのだろう。


心筋梗塞患者とタバコ 1

心筋梗塞になったあとはどうなるか?


実際今の私がそうなのだけど、まあ普通の生活です。
えらく大雑把ですがなる前となった後で大きく違うのは、
タバコを吸わなくなったということと、毎日薬を飲むようになったこと。
このふたつが、心筋梗塞前と後の大きな違いです。


で、タバコと薬のことなのだけど、今回はまずタバコについて書いてみようと思う。
以前は、マイルドセブンを日1~1.5箱を消費していた。
社内ほぼ禁煙状態でこれだから、そうでなければこの倍は行ってたんではないかと思う。


これほど吸っていた私がなぜ止められたのか?
いつから、タバコをやめられたのか?それは‥
心筋梗塞で倒れICUに運び込まれた際に、身包み剥がれてからなのである。

意識が朦朧としているときに、よってたかって身包みはがれてから
かれこれ、18年ずっと吸っていないのである。
誘惑も気の迷いもないのである。
これはなぜなのか???


タバコについては、本当にすっぱりやめられた。

今思うと、タバコを吸っていた時は身体が重かったような気がする。

重いというのは、体重のことではなく意識のようなものだ。
何か血管内に金属的なものがこびりついていたような、そんなイメージだった。

もっとも、心筋梗塞で倒れたから後追いで
そんなイメージを膨らませたのかも知れないが…
ただそれも、タバコをやめてみないと分からない感覚だと思う。

そして、もしタバコを吸っている人がこれを読んだとしたら、
やめた方がいいと思う。
今素直にそう思う。